理想の目元をゲットしよう|二重整形でイメチェン|明るい未来を手にできる

二重整形でイメチェン|明るい未来を手にできる

理想の目元をゲットしよう

女性

決め手は糸にあり

二重まぶたの美容整形は、最もポピュラーな治療の一つです。しかし、一方で「人に気づかれたくない」と考えている人が多いのも、事実です。腫れない、目立たない二重整形には、どのようなものがあるでしょうか。一般的によく言われているのは、埋没法の方が切開法よりも腫れないし、目立たない、ということです。確かにその通りなのですが、その埋没法の中でもより腫れが少ないものと、多少腫れが出るものとに分かれます。腫れない治療を望まれるなら、やはり同じ埋没法でも腫れにくい方法を選びましょう。そして、その差を決めるのが、糸なのです。腫れない埋没法には、血管等の治療に使われる、極めて細い糸が使われています。しかもこの糸は伸縮性に優れ、分解もしません。皮膚が引きつるなどの症状が起きにくく、かつ二重ラインが長続きするのです。二重が長続きする治療は腫れる、そう決めつけるのは、もはや時代遅れでしょう。最新の糸で腫れない二重を手に入れましょう。

おすすめのセルフケア

埋没法による二重整形は腫れない治療の一つですが、それでも多少腫れが出るのは、手術である以上、致し方ないことです。しかし、その腫れを最小限に留める方法があります。自分でできる腫れない方法を考えてみましょう。一つは、手術を受ける時にまぶたに無理な力を入れない、ということです。緊張でガチガチになっていると、麻酔の針等も入りにくくなりますし、どうしても腫れが出やすくなるのです。できるだけリラックスするようにしましょう。そのためには、腹式呼吸がおすすめです。また、術後は目を冷やして、炎症を鎮めましょう。家に帰ってからも、保冷材などで冷やすようにしてください。その際、まぶたよりもこめかみや目の上がおすすめです。そして、術後1週間ほどは、なるべく目をいじらないように注意してください。あなたとドクターとで、腫れない二重治療を実現しましょう。