上まぶたのたるみを解消|二重整形でイメチェン|明るい未来を手にできる

二重整形でイメチェン|明るい未来を手にできる

上まぶたのたるみを解消

レディー

年齢関係なく人気

眉下切開とは、上まぶたのたるみを解消する治療の1つです。具体的には上まぶたの皮膚と脂肪、そして眼輪筋というまぶたを閉じるときに使う筋肉を切除して、上まぶたをスッキリさせます。但し、眼輪筋は人によっては切除しない場合があります。たるみは、加齢に伴い発生します。よって、眉下切開は、ある程度の年齢に達している人に需要がある治療となりますが、若くても上まぶたがたるんでいる人もおり、そういった人も治療対象となります。眉下切開をすれば、二重がクッキリし、目が大きくなりますから、年齢に関係なく、多くの人が治療を受けています。もっとも、奥二重はそのままに、たるみだけを解消することも可能ですし、その他、希望どおりにカタチにすることが可能です。

眼瞼下垂にも有効

上まぶたが上がりにくくなる疾患に、眼瞼下垂というものがあります。眼瞼下垂には先天性と後天性があるのですが、どちらにしても目が細い状態になってしまい、通常の姿勢では物が見えにくく、顎を上げて物を見てしまいがちになります。また、無理に上まぶたを上げようともしますので、おでこにシワがより、そのシワは深く刻み込まれてしまいます。この眼瞼下垂を治すためには手術が必要となるのですが、眼瞼下垂の手術を行うと、上まぶたが厚くなってしまうことがあります。その際に有効となるのが眉下切開ですので、眼瞼下垂の手術を受けた後、上まぶたの状態が気になるようでしたら、眉下切開を考えても良いと言えます。また、眉下切開自体、眼瞼下垂の治療として有効な場合もあります。